四国第二十九番霊場 摩尼山宝蔵
土佐 国分寺
コンテンツ
国分寺の歴史 国分寺の行事 境内散策 国分寺寺宝 お寺巡り 交通案内
国分寺の歴史

法燈1200年余年。こんもりと緑繁静閑な森の中、悠久の歴史を抱いて、土佐国分寺はたたずんでいます。
「諸国で最も良い土地を選んで建てよ。」という45代聖武天皇の勅願(みことのり)によって、高僧行基(西暦668〜748年)が天平13年(西暦741年)に創建しました。天皇自らが金光明最勝王経を書写して納められ、天下泰平、五穀豊穣、万民豊楽を願う祈願所として、金光明四天王護国之寺とも呼ばれてきました。
後に弘法大師(空海 西暦774〜835年)が真言宗の寺として中興し、四国八十八ケ所巡りの第二十九番霊場となり、お遍路さんの鈴の音は絶えません。


土佐日記の作者、紀貫之(西暦868〜945?年)が国司として4年間滞在した国府の地としても知られています。歴代天皇の尊信厚く外護され、のち長宗我部国主、山内藩主より寺領が与えられ代々伽藍の維持が計られて参りました。
大正11年には、往時を偲ぶ土壇が残っていることから、境内地全域が史蹟として国の文化財指定を受けました。
また、昭和52年から行われた境内の発掘調査により弥生時代の住居跡が発見され、ここが土佐文化発生の礎となった土地であることも判明しました。




四国第二十九番霊場 摩尼山宝蔵院 土佐 国分寺 ページトップに戻る
〒783-0053 高知県南国市国分546
Tel:088-862-0055
E-mail:webmaster@tosakokubunji.org